浩平

第五章 雄琴

第二百五十四話「ピチピチ組織論」

成人式のニュースを見ながら、自分の娘たちが二十歳を迎えるのが何年後なのかを計算しながら、その頃の俺は、いったい何をしているんだろうかと想像してみる。たぶん、ピチピチグループを離れることは無いとは思うけど、あまりに先の話だから何があってもおか...
第五章 雄琴

第二百五十三話「プレミアム一周年」

キョウカさんがフォーナイトの浩平を引き抜いて来るというハプニングがあったり、内装工事がギリギリまで終わらなかったりと、慌ただしい状態のままでオープンしたピチピチプレミアムが、早くも一周年を迎えた。常連のお客様が何人も、わざわざ周年に合わせて...
第五章 雄琴

第二百五十二話「緊張感が」

家族が出て行ってしまった自宅は、俺ひとりには広すぎる。いつ何時、どんな女の子を招き入れることになるか分からないから、リビングと寝室だけは掃除を怠らないようにしているけど、俺ひとりで掃除するには広すぎる。ベッドメイクをしながら、ここでミカとの...
第五章 雄琴

第二百五十一話「手続き」

娘二人を連れて、サエコが家を出ていった。家からも遠くない場所にあるマンションで暮らしている。あの夜、俺の帰りを待ち受けていたサエコは既に離婚を覚悟していたし、お互いの主張をぶつけ合うなかで俺も離婚を避けられる方法はないと思った。だから、離婚...
第五章 雄琴

第二百四十八話「第二回」

ほんの数か月前に二号店の話をしていたかと思ったら、もう既に三号店の話まで進んでいる。北海道の勢いは本物のようだ。少額とは言え出資者のひとりである俺としては吉報なんだけど、なんだか俺の隣で、めっちゃ落ち込んでいるやつが居る。 「タイミングっ...
第五章 雄琴

第二百四十七話「グレート何とか」

恐る恐る「これ、なんでか分からんけど、まだ俺が持ってた。」と言って、子供ケータイを差し出した。サエコは、「念のためにカバンに入れとくで!って言うたやん。」と主張しているんだけど、俺には全くその記憶がない。 「余計なことをして、ごめんなさい...
第五章 雄琴

第二百四十五話「子供ケータイ」

会長から「雄琴二号店について考えておけ」と言われた件について、浩平の考えを聞いてみた。あまりにも突拍子もない話に、きっと浩平も驚くかと思ったけど、意外にも「さすが会長ですね。やるべきです。」という肯定的な反応が返ってきた。浩平と出会ってから...
第五章 雄琴

第二百四十話「旅行計画」

ケイコがお客様と一緒に個室へと消えていくのを見送りながら、俺はひとり興奮している。乱交パーティで見知らぬオッサンと絡み合っているミカの様子を眺めていたのとは、また別の興奮だ。待合室でケイコの身体を舐めまわすように見ていたお客様が、どんな風に...
第五章 雄琴

第二百三十九話「昨晩のこと」

昨晩のことを反省しながら、雄琴へと向かう。相変わらず、ゴールデンウィークの渋滞が酷くて、思うように進まない状態だけど、今日はこれくらいが丁度いい。ケイコちゃんとのことを考えながら、ゆっくりと時間をかけて店に行きたい気分だから。 それにして...
第五章 雄琴

第二百三十八話「ベンツ」

さすがゴールデンウィークだけあって、滋賀県に向かう道路も混んでいる。俺が雄琴に向かう十時前後が、一番の渋滞なのかもしれない。普段はあまり運転をしない人たちが多いから、下手くそな運転が目立つし、いつもの通勤の倍以上の時間がかかるから、イライラ...
タイトルとURLをコピーしました