サエコ

第五章 雄琴

第二百五十三話「プレミアム一周年」

キョウカさんがフォーナイトの浩平を引き抜いて来るというハプニングがあったり、内装工事がギリギリまで終わらなかったりと、慌ただしい状態のままでオープンしたピチピチプレミアムが、早くも一周年を迎えた。常連のお客様が何人も、わざわざ周年に合わせて...
第五章 雄琴

第二百五十話「形勢逆転」

言われてみれば、ここ最近、サエコは頻繁にビリヤードに出掛けていた。俺が昼間に京都での用事を済ませて自宅に立ち寄った時に、サエコが居なかったので電話してみたら、ビリヤードをしているから忙しいと素っ気なく返されたこともあった。リビングの鏡の前で...
第五章 雄琴

第二百四十九話「え?」

今日は疲れたからスグに風呂に入って寝ようと思っていたのに、どうやら思い通りには進みそうにない。どうしてサエコが俺の浮気を疑っているのか、まずはその理由について探らなければならない。下手に口を滑らせたら負ける。浮気をしていることは事実だけど、...
第五章 雄琴

第二百四十八話「第二回」

ほんの数か月前に二号店の話をしていたかと思ったら、もう既に三号店の話まで進んでいる。北海道の勢いは本物のようだ。少額とは言え出資者のひとりである俺としては吉報なんだけど、なんだか俺の隣で、めっちゃ落ち込んでいるやつが居る。 「タイミングっ...
第五章 雄琴

第二百四十七話「グレート何とか」

恐る恐る「これ、なんでか分からんけど、まだ俺が持ってた。」と言って、子供ケータイを差し出した。サエコは、「念のためにカバンに入れとくで!って言うたやん。」と主張しているんだけど、俺には全くその記憶がない。 「余計なことをして、ごめんなさい...
第五章 雄琴

第二百四十五話「子供ケータイ」

会長から「雄琴二号店について考えておけ」と言われた件について、浩平の考えを聞いてみた。あまりにも突拍子もない話に、きっと浩平も驚くかと思ったけど、意外にも「さすが会長ですね。やるべきです。」という肯定的な反応が返ってきた。浩平と出会ってから...
第五章 雄琴

第二百四十四話「子供みたいな」

俺の最近の楽しみは、仕事帰りのケイコを助手席に乗せてドライブしながら、その日にケイコが相手をしたお客様とのプレイ内容を詳細に聞くことだ。待合室で見送ってから先の、俺が直接見ることができない時間に、どんなことが行われているのかを聞いて、俺はめ...
第五章 雄琴

第二百四十三話「二号店」

ピチピチプレミアムが好調なスタートを切ったこともあり、最近は会長と遭っても、以前ほどビビらなくて済むようになってきた。会長のやり方や思考パターンを理解しながらも、俺なりのオリジナリティを出せるようになってきたから、その辺は評価してもらえてい...
第五章 雄琴

第二百四十二話「シバく」

ケイコとの一泊二日の小旅行は、俺にとっても気分転換になる旅行だった。物静かで、大人しくて、優しくて、気が利く、三拍子も四拍子も揃ったケイコは、とても良い女だ。なんでこんな良い女に対して、暴力を振るったり、長々と説教をしたりできるんだろうか。...
第五章 雄琴

第二百三十七話「タミー」

家族四人でビリヤードに来るなんて、なんだか不思議な気分だ。球と球がぶつかり合う音にサクラコが驚いて泣き出すんじゃないかと不安だったけど、音に合わせて自分の手を鳴らしながら上機嫌だ。俺も、球が弾ける音を聞いて、さらにテンションが上がってきた。...
タイトルとURLをコピーしました