第五章 雄琴

第五章 雄琴

第二百二十四話「うちの田附さん」

 ケイコちゃんとの話し合いの結果、プリプリでは働かず、ピチピチプレミアムの在籍として自宅から雄琴に通って、キョウカさんの講習を受けることになった。本人曰く、一か月とは言えプリプリで働いたら、ソープランドで働く覚悟が揺らぎそうだから、プリプリ...
第五章 雄琴

第二百二十三話「ベージュ」

 ダイシャチョウの朝は早い。ソープの内装工事を発注している建設会社の現場監督と朝イチで打ち合わせをするために、七時過ぎに自宅を出た。山科のあたりが混んでいなければ、だいたい四十分弱で雄琴に着くから、自宅からも通えなくもない距離だ。とはいえ、...
第五章 雄琴

第二百二十二話「俺のプラン」

 講習の時間をうまく調整してもらえたから、午後四時過ぎには雄琴を出ることができた。今年に入ってからでも軽く百回以上は往復している道を、京都へと向かう。決して明るく楽しい話にはならないだろうし、雄琴で働いてもらう流れになるように話し込みたいか...
第五章 雄琴

第二百二十一話「二年半」

ダイシャチョウとしての俺の仕事は、服を脱がされて、身体を洗ってもらい、そしてマットプレイという基本的な流れで、お客様を演じることだ。気づかれないうちに、いつの間にかコンドームを付ける技術も、この時に教える。これまでに風俗で働いたことがある女...
第五章 雄琴

第二百二十話「ダイシャチョウ」

 ソープランドの建物の改修工事は、やっと目に見えるところの作業が始まった。ここまで床下の配管をいじったり、鉄骨の強度を高める工事をしたり、素人の俺には何をしているのか分からない箇所ばかりだったから、やっと工事の進捗が確認できるようになって嬉...
第五章 雄琴

第二百十九話「世間話」

 今日からお前が社長だ、お前に全てを任せると言われて、素直に喜べるほど俺はもう若くない。ピチピチグループが買収したソープランドを運営する法人の社長になると言うことは、この法人が行っている事業で発生したトラブルの全責任を、俺が負わされるという...
第五章 雄琴

第二百十八話「椿」

 何十人もの女の子と面接して、やっと一人を採用できるかどうかという状況なので、これはかなりの体力勝負だ。わざわざ滋賀県まで足を運んでくれるお客様に対して、胸を張ってオススメできるような女の子を揃えなければならない。「あ、もちろん、オープンま...
第五章 雄琴

第二百十七話「ユウコト」

 そういえば俺、いつもここでカットフルーツを買って食べていたなと、懐かしい記憶が蘇った。もう二十年以上前のことだけど、ワンダラーのマイに会うために歌舞伎町に足繁く通っていた頃、百果園に立ち寄るのが習慣になっていた。「すみません、パインをひと...
第五章 雄琴

第二百十六話「赤木くん」

 会長から夜通しの説教を受けてから三週間くらいが経った。ピチピチプレミアムで働いてくれる女の子を集めようと、必死で頑張っているけど、確保できたのは今のところ三人だけ。このペースだと、どう考えても間に合わない。「こんなに要らんってくらい集めと...
第五章 雄琴

第二百十五話「無限ループ」

 やはり予想通りの展開で、クラブ「椿」についた途端に、会長からの説教が始まって、結局、朝まで延々と美味しくない酒を飲んで、夜を明かした。とにかくデカい声で、休むことなく罵倒され続けるのは辛いんだけど、今の家庭の事情と考えると、なにもなく真っ...
タイトルとURLをコピーしました