鮫島

第五章 雄琴

第二百四十三話「二号店」

ピチピチプレミアムが好調なスタートを切ったこともあり、最近は会長と遭っても、以前ほどビビらなくて済むようになってきた。会長のやり方や思考パターンを理解しながらも、俺なりのオリジナリティを出せるようになってきたから、その辺は評価してもらえてい...
第五章 雄琴

第二百二十九話「一勝一敗一分け」

 札幌の店を担当しているクリちゃんが、いよいよダメらしい。会長からは、長期戦を覚悟するから、しっかりと地盤を固められるように頑張れと言われているらしいけど、どうやら長期戦に耐えられるような精神状態ではないらしい。まぁ、石川部長から聞いた話だ...
第五章 雄琴

第二百十三話「悪夢」

 雄琴のソープランドの売買の本契約が完了し、ピチピチグループ史上最大の投資額となる大規模な改修工事が始まった。プライベートでも、カオルコが見事にお受験を乗り越え、お嬢様大学の付属小学校への入学が決まった。公私ともに明るいニュースがあるのに、...
第五章 雄琴

第二百四話「田村浩平」

 雄琴での買収店舗の決定から三日後、鮫島部長から電話がかかってきたんだけど、どうも様子がおかしい。すぐに時間を作って欲しいと言われたから、和臣とのミーティングを中断して、上の階に上がろうとしたんだけど、なぜか木屋町の喫茶店に来て欲しいと言う...
第五章 雄琴

第二百三話「タウエさん」

 フォーナイトの現役店長の件はさておき、キョウカさんの話からは学ぶべきことが数多くあった。本番ありの風俗であるソープランドで働く女性たちは、お小遣い欲しさにアルバイト感覚でやってくるファッションヘルス嬢たちとは、根本的に覚悟が違うようだ。そ...
第四章 やはり京都

第二百話「自分のペースで」

 ミカの部屋に立ち寄って、一週間前から置いたままになっていた道後温泉のお土産を持って、自宅へと戻った。返品が出来なかった福岡のお土産に関しては、ミカが職場や知り合いなどに配って処理してくれるというので任せた。サエコが喜んでくれるだろうと思っ...
第四章 やはり京都

第百八十四話「降格」

 ついさっきまでの楽しい時間が、まるで夢だったように感じられる。ひとりでタクシーに乗って自宅に向かいながら、ミカにメッセージを送ったり、電話を掛けたりしてみるけど、全く反応がない。飯だけ食って、エッチもせずに別れるなんて初めてのことだ。もう...
第四章 やはり京都

第百八十一話「超豪華ラインナップ」

 風俗の仕事をしているけど、どちらかというと風俗で遊ぶ方が好きだ。石川部長や、鮫島部長よりも、俺の方が風俗で遊んでいる回数が圧倒的に多いから、風俗雑誌の広告や記事では良さそうに見えるけど、実は別に大したことがない店を見抜く力がある。表面を装...
第四章 やはり京都

第百八十話「店舗リスト」

 これから伊丹空港を出発するというクリちゃんから「田附部長、すみません。ちょっと買い物を頼んでも良いですか?」と電話があった。どうせ夕方まで暇だし、軽い気持ちで引き受けたら、歩いて十分くらいのところにある大型書店に行くことになった。「お会計...
第四章 やはり京都

第百七十六話「田附、パパ、ヒロキ」

 僅か二時間くらいの会議だったけど、普段の倍くらい疲れた。ピチピチグループを全国区の風俗グループにするという会長の野望が、本格的に動き出す。そして、専務の栗橋を筆頭に、俺と石川、鮫島の三人が、部長職の幹部として、会長を支えることになる。正直...
タイトルとURLをコピーしました